FC2ブログ
 
■プロフィール

shin-ito

Author:shin-ito
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2019年12月12日 将棋教室
今日も準備片付けのお手伝いありがとうございます。

昨日は、私の誕生日でした。
今日、「誕生日おめでとう!」と言ってくれた子には、1ポイントプレゼントすることにしました。
そういう気配りができるのは、とても素晴らしいことです。言ってもらえてうれしかったです。

最近、あまり運動ができておらず、ちょっと体重が増加がしているので、運動をがんばりたいと思い、誕生日に下のパンチングボールを買いました。下手に打つと、固いボールが顔面にぶつかりそうになるので、緊張感があって面白いです。
(ちなみに下の写真がロマチェンコです。超有名なので知らない人は知っておいた方が良いと思います。)
2019121202

今年は冬の寒さが、例年よりマシな気がしていて、
「体重増加のおかげで、体全体を脂肪が覆ってくれているのかも!」と思っていましたが、暖冬なだけかもしれません。



昨日より、フラッシュ暗算のプログラムを公開しています。
ランキングの一番下から行けます。

息子もそうなのですが、計算練習は、一人だと中々やる気がしません。
友達とタイムを競うと楽しめるので、お勧めです。
将棋教室用に作ったものではないのですが、教室の子達のためになりそうなものは、将棋が関係なくてもドンドン公開していきます。

将棋に興味を持っている時点で、賢い証拠なので、賢い子達みんなで基礎学力向上もできればと思います。是非参加してみてくださいね♪

20191212


将棋教室日誌 | 21:12:03 | コメント(0)
2019年12月5日 将棋教室
今日も、準備片付けのお手伝い頂きありがとうございます。

トーナメント、レーティング対局で意外な結果も多かったです。
負けてしまった子は、反省点を生かし、次回頑張ってください。
毎日詰将棋と、毎日次の一手をしっかり考えるのがおすすめです。

今日のレーティングも全て反映済みです。
2位に二人並ぶという接戦になっていますね。
来週は1位の子も含めて大激戦になりそうで楽しみです。

2019年12月5日現在、私の毎日詰将棋の参加記録は下記のようになっています。

201912051

(偉いかどうかは別にして)息子が入院した時も含めて、1日も休んでいないと思うので、現在の参加回数362回=開催回数のはずです。
ということは、あと3日で毎日詰将棋1周年となります。

この1年で、間違えて入力してしまって泣いているという何人もの達人からの連絡がありました。
(いつも泣くのは達人だけで、鉄人は泣きません。さすが鉄人w)

それだけ気持ちを入れて参加してくれているので、私も張り合いがあり、いろいろと機能を追加できました。

今日から、毎日次の一手ランキングを公開しています。
近々、様子を見て、教室内ランキングにも反映させる予定です。


昨日の問題は、王手に気づかない子が3人もいましたね。
盤面全体を見ていない証拠です。
しっかり考える癖を付けると良いです。

使う駒がわかるヒントがあると簡単過ぎる問題もありますが、問題別にヒントを識別するのは、私の現在の技術では無理なので、とりあえずは今の形で進めていきます。

20191205

将棋教室日誌 | 21:24:08 | コメント(0)
2019年11月21日 将棋教室
今日も準備片付けのお手伝い頂きありがとうございました。

先日より、教室内対局の勝ち数ランキング、対局数ランキング、勝率ランキングを追加しています。

息子に褒められると思って、見せたら
こんなのいちいち計算しているの?暇だね~
と、こういうのを見せたときに一番言われたくない言葉を頂きましたw

数ヶ月前より教室内レーティングを作成するようにしています。
 レーティングは、対局の勝者・敗者を入力すると、相手とのレーティング差によって、レーティングが変動するというようなプログラムでした。勝者・敗者のデータがあれば、勝ち数、対局数などのデータを抽出することは簡単です。
いちいち計算しているのではなく、データを自動で抽出するプログラムを作りました。
毎週3分程度の入力作業で、こういうランキングが作れます。

上位しか表示していないのは、下位の子のやる気を削がないためです。
こういうのがあると、一局一局大事に指してくれるかもしれませんし、上位に入る励みになるかもしれません。
あまり勝つことばかり意識して欲しくないので、勝率ランキングは消すかもしれません。

レーティングは全員500でスタートしているので、勝率5割切っているのにレーティングが500を超えているのは、強い相手に勝っているということなので誇って良いと思います。


毎日次の一手で二日連続で間違えてしまいました。
自分で問題を用意しているのに、自分で二日連続間違えるなんて大丈夫?
と思われるかもしれませんが、問題は400問以上登録済みでそれがランダムに出題されています。
古い問題だと1年近く前に登録しているので、覚えていません。
1ヶ月前のものも覚えていないので、フレッシュな気持ちで取り組めています。
なるべく正解したいので、簡単に見えた手を入力しないように注意したいです。
昨日の7七桂は、桂がさばけそうで良い手に思えましたが、6五飛の方がずっと良い手です。

将棋教室日誌 | 20:33:22 | コメント(0)
2019年11月14日 将棋教室


今日も準備片付けのお手伝いありがとうございました。

対戦の組み合わせは、私の主観は一切排除して、レーティングの通り組んでいます。
今日の結果を見ても、主観よりレーティングが正しいと思います。
結果は明日中にホームページに公開するのでご覧ください。

※レーティングを集計するのが楽しみで、もうすでに反映済みですw


教室内HPのゲームランキングも見やすくしました。
そのためか参加してくれる子が増えていてうれしく思います。
詰将棋に引き続き、毎日次の一手の正解率を上げていけるように解説をがんばりたいです。

前回の記事以降、毎日次の一手の参加人数も増えてきました。
年内にランキング表示をして、来年早々から称号を作ろうかと思います。

「達人」、「鉄人」を励みにしている子達が思いの外多いです。
中々、普通に生活していて「達人!鉄人!」と言われることは少ないですので、貴重な体験かもしれません。

毎日次の一手も同じ「達人、鉄人」だと、芸がないので、他の名前を考案中ですが、なかなか良いのが思いつきません。
超人、野人、変人、凡人くらいしか思いつきませんが、超人くらいしか使えそうにありません。
「○○人」から離れる必要がありそうです。何か良いアイデアがあれば是非教えてくださいw

********************

毎日コメントに書きましたが、採点プログラムの都合もあり、合駒は持ち駒だろうが、盤上の駒であろうが、「合」という表記で正解としています。本の解答も合と書いてあります。
※限定合の場合は異なりますが、混乱を避けるため限定合の問題は掲載しないようにしています。

この辺り、正確な表記についていろいろ調べましたが、いろいろな見解もあるようです。
毎日詰め将棋においては「合」と書かないと不正解にしているのですが、忘れた頃にその現象が起きるので、義父からよく問い合わせがあります。今月、義父はその時点で達人だったので、「やばいかな?」と思ったのですが、ルール通り不正解にさせてもらいました。怖いので、上の毎日コメントで謝っておいたのですが、見ていないようで、昨日もやはり連絡がありました。
怖かったので、とりあえず謝っておきましたw


今月は中盤ですが、まだたくさんの達人、鉄人が生き残っています。
レベルの高い戦いを見ているのは面白いです。

将棋教室日誌 | 21:15:46 | コメント(0)
2019年11月7日 将棋教室


今日も準備片付けのお手伝い頂きありがとうございました。

教室内HPのバナーで紹介していますが、来月くらいから毎日次の一手ランキングも開催しようと思います。

今までは毎日詰め将棋のみ、ランキング制にしておりました。

その理由は、
次の一手だと正解が一つだけではない場合があるのではないか?
ランキング制にすると、難しい問題をあきらめてしまう人が出るのではないか?
等というものでした。

「正解が一つだけではない」という問題については、これまで質問回数が少ないことからも、みんな納得できるような気がしています。
ランキング制にすると、クレームがガンガンくるかもしれませんが、それは個別コメントからもらえれば、対応します。
やっていきながら、少しずつ改良していきたいです。
「難しい問題をあきらめてしまう人が出るのでは?」という問題については、現在もやっている子は少な目なので、ランキング制にして最終的には教室内ランキングとも絡め、参加率を上げていきたいです。

そのためにも、少し前から、次の一手の考え方の解説を始めました。効果的な学習なのでよりチャレンジしやすいように説明していきたいです。
詰将棋は一生懸命考えてくれている子が多く、もうすぐ初めて1年経ちますが、教室内の将棋を見ていても、効果は出ていると思っています。これからは次の一手もプラスして、更に全体のレベルを上げていきたいと思います。

最近、少しずつ教室内ホームページを整理しています。少し見やすくなったと思います。
ホームページの改善、新たなシステムの導入などは、参加してくれている子たちが多いということが、大きなモチベーションになっており、感謝です。

将棋教室日誌 | 22:50:04 | コメント(0)
前のページ 次のページ