FC2ブログ
 
■プロフィール

shin-ito

Author:shin-ito
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

こどもに将棋を教える方法 初級編 ③筋の良し悪し
「強くなるには、とにかくたくさん将棋を指すことだ!」
と言うプロもたくさんいます。
私はこれには少し補足が必要だと思っています。

ある程度強い相手が身近にいるのであれば、たくさん指すのが上達には良いと思いますが、

ただ、駒の動かし方がわかる程度の子同士がたくさん指してしまうと、
かえって上達が遅くなるように思います。
(いろいろな子供の将棋を見て私が感じていることです。)



麻雀20年間無敗で有名(本当かは知りませんが・・・)な桜井章一さんの本で

「内容と勝ち負け」の関係について以下のように書いてありました。

一番良いのは、
「良い内容で勝つこと」
次に良いのは、
「良い内容で負けること」
次に良いのは
「悪い内容で負けること」
一番悪いのが
「悪い内容で勝つこと」


何故勝っているのに「悪い内容で勝つこと」が一番悪いのでしょう?

それは、間違った手を指しているのに、勝ってしまっては、
自分の悪い手に気づかなかったり、間違いを正しいと勘違いしてしまったり
する可能性があるからです。


覚えたての頃に、
自分と同じ位の子や自分より更に弱い子(駒の動かし方が分かる程度)
とばかりと指していると、
「悪い内容で勝つこと」が多くなってしまいます。




例えば、下の局面を見てください。

201307121.png
初心者の子同士の対局で、
こういう局面になった時に、よく指す手があります。

それは、

201307122.png

角を打つ手です。



さりげない手つきで、
静かに駒を置きます。

相手が小さい子だと、よそ見していることも多いので、
「指したよ」
と、やさしく相手に教えてあげます。



初心者の子は結構な確率でこの角の筋を見落とします。
この局面は序盤ですが、もっと中盤以降のゴチャゴチャした局面で狙われると、
気づかない確率はもっと上がります。




当然、一瞬で王が取られてしまいます。


こんな楽な勝ち方が通用する相手とばかり指していると、
相手が強い子になった時にも、
つい角を打つ手を狙ってしまいます。

しかし、当然強い子は気づいて玉を逃げたりします。

更に、今度はこの角を狙ってきます。


強い子相手だと、
この角打ちだけで不利になってしまいます。



ところが、これでたくさん勝った経験がある子程、
この角打ちの味を忘れることができずに打ってしまうようです。




当将棋教室では、
駒の動かし方がわからない子にも丁寧に教えていきます。
それは大変なことだと思われるかもしれませんが、
「悪い内容で勝つこと」に慣れてしまっている子の癖を取るよりは簡単だと思います。

あまり指したことがない子や、駒の動かし方のわからない子でも
遠慮なく体験にお越しください。




次回の教室より、
いよいよ大盤を使った定跡の勉強を始めていこうと思っています。

定跡を覚えることより、楽しく理解してもらえることに重点を置いていきます。

定跡には、良い筋の手ばかりがたくさん含まれているので、
この勉強で子供達の将棋の筋が良くなっていってくれればと思っています。

前回同様に詰将棋は一斉に解くようにしたいと思いますので、
今後はなるべく詰め将棋の本を持ってきて頂くようお願いします。
(忘れてしまった場合はこちらで別の方法を考えますのでご心配なく)

こどもに将棋を教える方法3(初級編) | 20:24:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する