FC2ブログ
 
■プロフィール

shin-ito

Author:shin-ito
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2013年4月18日 将棋教室
今日も参加人数は3人でした。

先週渡した詰将棋の本をがんばって解いてきてくれたみたいで、
とても頼もしく思いました。

今日は最初の30分程度で「代表的な詰め手筋」「玉の捕まえ方」をテーマに勉強しました。
(手筋とは将棋の技のことです。)

前回と今回で「王様を捕まえる技」を一通り紹介しました。

少し難しかったと思いますが、
王様を捕まえることができるようになれば、将棋の対局(試合)がきちんと終わるようになります。

一応、お家でも復習できるように、教室で解いた問題をプリントとしてお渡ししています。
(手書きで申し訳ありません)

今回教えたことは、とても大事なことなので、度々教室でも復習しようと思います。



まだ、それぞれのレベルに差があるので、生徒同士の対局よりも、指導対局の方が、
上達の効果があるという判断から、
今回は三面指し(三人対一人でそれぞれ将棋を指すこと)で指導対局を行いました。


子供たちの指し手が早く、中々大変でしたが、
一局の流れの中で、大事な考え方を細かく教えることができるので、
またやってみたいと思います。


最後に2対2に分かれて、リレー将棋をやりました。

一つの盤でみんなで対局するのも、良い勉強になると思います。

詰将棋の効果もあり、鋭い手が連発する面白い一局になりました。


詰将棋は将棋の基礎トレーニングですので、引き続き頑張って欲しいと思います。






将棋教室日誌 | 04:11:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する