FC2ブログ
 
■プロフィール

shin-ito

Author:shin-ito
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第10回文部科学大臣杯 山形県大会
20140622
小学校の部は10チームの参加でした。

教室からは寒河江南部小チーム山形四小チームが参加しました。

結果は、寒河江南部小チームが惜しくも準優勝、山形四小チームが5位でした。


寒河江南部小チームは、
教室に来てくれている子は3人の内2人であることと、
教室に通ってくれるようになってまだ2カ月弱ということもあり、
この教室の実績として書くのは正直気が引けます。(笑)
元々二人とも強かったとも言えます。

特筆すべきは、6年生のY君は大将として出て、予選4局の内3局勝ちました。
勝った相手の内二人は上級の子です。予選は1局初級の子に二歩で負けたのを除けば、
完璧な結果でした。
予選の結果だけみれば、今日の大将の中でY君が一番強かったと思います。

予選2位で決勝戦に進み、決勝は負けてしまいましたが、
かなり惜しかったと思います。

まだ、教えられていないことばかりなので、二人とももっと強くなっていくと思います。

3年生のK君は来年もあるので、来年は弟さんと一緒に優勝を狙ってほしいです。
今日の優勝チームの内二人は来年は出場できないですし、寒河江南部小チームは準優勝メンバーの二人が残るのですから、優勝候補筆頭になる可能性が高いです。

Y君、K君がお家で弟さんに教えながらたくさん負けてあげることができれば、弟さんも戦力になってくると思います。(笑)
二人だけ強くても優勝は難しいので、弟さんを初級で戦えるレベルまで持っていくのがチームにとって最も大事なことです。

四小チーム4年生12級のR君が出場してくれることになって結成されたチームです。
R君は今まで一度も大会に出たことはありませんでした。
以前も記載しましたが、この大会はクラス分けがないので、
初めて出る大会としてはあまりお薦めできるものではありません。
初出場の大会で強い相手に全局一方的に負けてしまえば、もう二度と将棋をやりたくなくなってしまうかもしれません。

ただ、勇気をもって出る決意をしてくれたからには、私も最大限サポートをしようと思いました。
その時点の四小チームの棋力は大将のユタカ君は相手次第では勝てるでしょうが、
先鋒の12級のトモフミ君も副将4年生12級のR君も全然勝てない可能性が高かったです。


そこで、私はこの1カ月トモフミ君とR君の棋力を上げることに力を入れました。
R君に関しては、夜に我が家に来てもらい、マンツーマンで1時間の指導を三回やりました。
それとは別に前日のお昼にも学校の授業参観の後スパゲティ屋さんで特訓をして、当日会場でも始まるまでの間に最終調整をしました。
今日はR君に1勝してもらうということが私にとって一番の目標でした。

トモフミ君に関しては、教室でなるべく強い子と当てるようにして鍛えました。
前回も前々回もトモフミ君は教室で1勝もしていません。教室では6連敗中です。
(負けても泣かなくなるようにしたいというのもありました。)

その成果もあり、
二人とも4局して2勝2敗と大活躍でした。
トモフミ君は最終局の(本人が言うには)勝ちだった将棋を、駒の置き間違いで反則を取られて負けてしまいましたが、
それがなければチームとして4位に勝ち数で並び、3位決定戦に行くチャンスもあったようです。

R君も、勝ち目のない上級、中級の子に連敗してショックを受けた後、
3局目の相手の子もとても強くて大変だったようですが、大熱戦を制することができました。
それで調子をあげて、4局目も4月20日の大会で3勝している相手に勝つことができました。


この二人は今日一日で強くなったと思います。

ユタカ君は2局目、トモフミ君が大金星を上げてチームが勝つチャンスがあったのですが、
大将の中級の子に負けてしまいせっかくのチャンスを逃したりと午前中は良い所がありませんでした。
しかし、最終局で、トモフミ君が反則負けしたものの、R君が大金星をあげて望みを繋いだところ
、相手の大将の中級の子に何とか勝つことができ、最後にチームに貢献することができました。
正に3人で勝ちとった2勝でした。

R君は将棋の面白さをわかったようで、帰りに駅前の歩道にある詰将棋を一生懸命考えて、写真を取って持って帰っていました。(笑)

実は私は団体戦を見るのは初めてだったのですが、
それぞれのチームごとにたくさんのドラマがあり楽しむことができました。
子供達のがんばりに感謝です。


今日山形支部の先生より7月20日の大会の詳細を頂いたので、2~3日中に当ブログにアップします。

是非たくさんの子に参加して欲しいです。


話は変わりますが、
ようやく団体戦が終わったので、
当教室でもいよいよ、どうぶつしょうぎの団体戦のリーグ戦を次からスタートさせます。

みんなで仲良くなって欲しいので、小学校はバラバラにして、級のバランスをみて
全体を5つのチームに分けて団体戦をやっていく予定です。
賞品が欲しい子はお家でどうぶつしょうぎの練習もやってくると良いと思います。

将棋大会 | 18:01:49 | コメント(2)
コメント
お疲れ様でした
良い結果、良い生徒さんですね。
しかも、結果よりもプロセスの方が更に良かったと思います。
先生の御尽力ほんとうに頭が下がります。
うまく言葉が見つけられませんが、生徒さん達はきっと将棋が好きなまま上達していくと思います。
2014-06-24 火 06:05:19 | URL | 北國の将棋父 [編集]
Re: お疲れ様でした
コメントありがとうございます。
小学生の内に一生懸命将棋を勉強して、
たくさんの真剣勝負をすれば、頭がよくて、心が強い子になってくれると期待しています。
コメント頂いた通り、楽しみながら強くなって貰えれば本望です。
今回はたまたま期待以上の結果が出ました。
いつもこういう訳にはいかないので、良い結果の時は素直に喜ぶようにしています。(笑)
ありがとうございました。
2014-06-24 火 08:12:39 | URL | shin-ito [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する