FC2ブログ
 
■プロフィール

shin-ito

Author:shin-ito
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

駒落ち対局について
教室では互いの級差によって駒を落として対局をしてもらっています。

これは私が、棋力に差のある子同士の平手対局で、
どちらかが圧勝するような残酷な将棋を見るのが嫌いということもありますが、
一番の理由は
適正なハンデを設定すれば、駒を落としてもらった方も落とした方も上達する
と考えているからです。
棋力に差がある子同士で平手で戦うと、弱い方の子には練習になりますが、
強い方の子は楽な勝ち方を覚えてしまって弱くなることもあると思います。


しかし、駒落ちでの対局が好きではない子も多いようです。

今回は私の駒落ちに対する考えを書きたいと思います。

いろいろとネットで情報収集すると
「駒落ちは平手とは別物だから将棋の上達には役立たない!」
という書き込みをみることもあります。
意見は人それぞれですが、私はそうは思いません。
子供の将棋では駒落ちは特に有用だと思います。

たしかに平手と駒落ちでは戦い方が異なります
例えば、角落ちの対局の場合には角交換ができず、
互いに持ち駒に角が入りにくいので、
角を派手に打つような展開にはなりにくいです。
だから角による王手飛車や角の打ち込みを気にする必要があまりありません。

また、飛車落ちでは上手(飛車がない方)の攻撃力が低いので、
平手のように主導権を握って攻めることはできません。


しかし、子供達の将棋は平手の定跡形で進むことは少なく、
形勢が大きく変動するので、むしろ「駒落ちの将棋の方が練習になるのでは?」とすら思っています。


将棋でもっとも大事なことは、その局面での最善手を考えることです。


仮に実戦で飛車が取られてしまったとします。
飛車がなくなってどうがんばるかを考えることは、実戦で不利になったときに戦う練習としても最適です。
しかも相手はそれで良い勝負位の棋力なので勝つ可能性も十分にあります。

飛車がないことを悲観するのではなく、飛車がない中でどう戦っていくかを考えることは、
実戦で未知の局面にぶつかった時に考える力を養うこともできます。

駒落ちの上手で指すには、前回の講義で勉強した「駒の効率(こうりつ)」がとても大事になってきます。
相手の方が級が下ということは、駒を使う技術は自分の方が上です。
そこで駒を効率良く使うことによって駒が少ないハンデを補うことができます。

私は火曜日の練習会では駒落ちの対局は全て本気で指しています。
四枚落ちや六枚落ち、八枚落ちでは普通にやっては勝てるわけがないので、
なるべくバランスを整えて相手が攻めてくるのを待ちます。
自分からは駒が足りなくて攻めることはできません。

相手の攻めの中で緩い手があればその隙に相手の駒を少しずつもらって、
駒損を回復したりして、徐々に形勢を良くしていきます。

ボクシングでいうと、ガードを固め、相手のパンチを浴びながら、急所だけは打たれないようにして相手が疲れてくるのを待ちます。
そして相手が疲れたら一発で仕留めるという感じです。


その内一度、中級クラスでも二枚落ち、飛車落ち、飛車香落の定跡を勉強してみようと思います。

以前から何度か書いていますが、駒落ち定跡はわかりやすい手の連続なので、平手より面白いかもしれません。

未分類 | 21:29:02 | コメント(3)
コメント
いつも楽しく拝見しています。

駒落ちの是非は諸説聞きますね。息子も好きではないようです。見ている親としては、強い方相手に二枚落ちと角落ちになった時点が階段が大きく、進歩したなあと感じるところです。香落ちはA級の方相手に卒業できてませんが、本場の強い子はみんなやるんだよと以前教えたら、しっかりやっておきたいと言って取り組んでいます。香落ちの入手しやすい(できれば読みやすい)本とか有りましたらお教えいただけると幸いです。
定跡のない金、銀、桂馬落ちまでやっていただいた(上手の方も珍しい体験だったと思います)ので、親子であーだろうか、こーだろうかいいコミュニケーションになりました。結局親の意見は役立たずで、本人が良く考えたようです。

個人的には、平手で敵わない方相手には駒落ちの方が遠回りのようで近道なのかなと思っています。本人の感想から、とにかく大駒の扱い(序盤に渡さない 切る時は切る)に関しては相当気が使えるようになったようです。反面、大駒を一つでも取られると、逆ハンデになって絶望的になると。(そこから諦めないのも勉強でしょうか)上手が取った駒に制限を加えるというのがあれば、駒落ちの階段を少しなだらかに出来そうな気もしますが、反対意見に拍車をかけるものかもしれません。
将棋素人の戯言失礼しました。


2014-06-07 土 09:21:31 | URL | 北國の将棋父 [編集]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
駒落ちもやった方が将棋の幅が広がるのではないかと思っています。

香落ちは私もあまり経験がありません。大都市の道場に行った時位しか指しません。
香落ち位の棋力差なら平手でやっても勝負になりますし、私もあまり意味を感じることができません。(笑)

私が持っている本で、香落ちの定跡が載っているのは有名な所司和晴先生の本だけだと思います。

昔、天野宗歩手合集を好んで並べていた時期があって、香落ちも数局並べた覚えがあり、今調べたら52局も
香落ちの棋譜が載っていました。
ただそこまでして香落を勉強する必要があるのかはわかりません。
棋譜集としては面白いです。

私の教室の子が私と香落ち位までなったら、平手で練習すると思います。
ただ、香落ちにした方が負かされた時の言い訳にはなるので、そっちの方が良いかもしれません。(笑)
2014-06-07 土 10:17:50 | URL | shin-ito [編集]
香落ちは珍しいですか。
一カ所でしか駒落ちを原則とはしてないのですが、それ以外では大駒一枚以上落とします。
金~香はヒントが欲しくて、激指で何回かコンピュータ同士でやってみたのですが、1段級差の設定ではどうも下手が勝ちにくいようでした。とはいえ、A級の方と平手では息子が勝てる率は相当低いような気がします。上手の囲いとか戦形が特定される(であろう)分は下手有利だよねと親子で話していたのですが。
まあ、ここまできたら香落ちも自分で頑張ってもらいます(笑。
将来、棋譜並べで更に勉強してもらうのが良さそうですね。

練習での県トップクラスの方や、大会でのA,B級の方々には大駒落ちでも難しいですから、駒落ち卒業してからが大変なんだろうなとは思っています。

話がそれたかもしれません。
限られた相手に対して駒落ちの方が進歩が見えやすいのも間違いないと思います。

2014-06-07 土 12:05:17 | URL | 北國の将棋父 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する