FC2ブログ
 
■プロフィール

shin-ito

Author:shin-ito
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

6月5日 将棋教室
今日は14名の参加でした。

今回は、
最も重要な基礎の一つである形勢判断について
全員で勉強しました。

今までも駒の損得等の考え方は勉強していましたが、
形勢判断についてしっかり学んだのは今回が初めてでした。

初級の子達には少し難しかったかもしれませんが、
一応こういう考え方があるということを知ってもらっただけでも
次回以降勉強しやすくなるので今回は全体で指導させてもらいました。

1月以降の教室で勉強した中で、今日の内容が最も重要だったと思います。

中級クラスの子に関しては、今回勉強したことを土台にして
来週も演習問題をやってもらい、理解を深めてもらおうと思います。
今日は初級クラスも一緒だったので形勢判断しやすい例を勉強しましたが、
次回は、もっと難しい局面を考えてもらい、次の一手の方針まで考えられるようにします。

お渡し済みの三間飛車の序盤については、形勢判断の演習が終わった後に
またやります。
大会の前にきちんと形勢判断をマスターして欲しいと思い先にこっちをやりました。

初級クラスの子達は、来週からは囲い崩しの基礎を勉強していきます。

今日は驚くような結果がたくさんありました。
まずは10級のS君がトーナメントで決勝まで残りました。
5月22日には10級のM君も決勝に残ったのですが、
二人ともあと一歩のところで優勝を逃してしまいました。
是非次回も頑張ってほしいです。
いつも勝っている強い子には申し訳ないですが、
下の級の子が上の級の子に勝てるようになってくるのを見るのは面白いです。

他に初級では負けなしだったH君にトモフミ君が勝って、
その勢いでトモフミ君は6級のK君、Y君の二人に二枚落ちで勝ちました。
今までは六枚落ちでも勝てなかったのでこれもとても驚きました。
トーナメント未出場のトモフミ君がシード権を獲得してしまったので、
来週どうするかを考えなければなりません。(笑)

そしてその絶好調のトモフミ君と前回私に八枚落ちで負けて悔しい思いをした13級のR君が
昇級を掛けた一戦をしたのですが、今度は13級のR君が勝って4連勝で12級に昇級を決めました。

毎回ほぼ全ての結果が記録されていて、
私の頭の中には子供達のだいたいの強さの順の序列があるのですが、
こういう結果をみるとその序列が頭の中でグチャグチャになってきます。
これがとても面白いのです。
今回の結果もたまたまかもしれませんが、
正直今誰がどの位強いのかわけがわからなくなってきています。(笑)



来週6月10日(火)は誰でも参加できる実戦練習会を開催します。
6月15日の倉敷王将県大会に出る子に関しては、私が平手で2局ずつ指導したいと思っています。
17時30分から来た順に対局を開始していく予定です。

もう一人先生が来てくださるので、実戦練習をしたい子は是非ご参加ください。
参加人数をみて、来月も練習会を2回開催するか検討します。


また、7月20日に初級者も参加できる大会が開催されるようです。
今月大会に参加しない子は7月20日に向けてがんばって欲しいと思います。

【連絡事項】
6級4年生のK君がファイルを忘れていってしまっており、私が預かっています。

将棋教室日誌 | 21:02:00 | コメント(3)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-06-06 金 16:03:45 | | [編集]
Re: 駒落ちについて
私がご兄弟二人と対局した感じだと、
二人とも強いですが、
ご次男は嫌な手を指されたのに対する我慢が少し足りない感じがして、
ご長男は悪くなった時の諦めが少し早い印象です。
まだ数局しか指していないのでこれからもっと特徴がわかってくると思います。
すぐにもっと強くなると確信しています。

あと、ご次男には失礼かもしれませんが、ご長男の方が強いと感じています。

ユタカも教室の中で一番強いのはご長男だと思っているみたいです。

ユタカが言うには他の子に負けているのは自分がミスしたから負けているだけだけど、
ご長男にだけははっきりとしたミスがなくても負けるそうです。
負けた言い訳にも聞こえますが、なんとなくわかる気もします。

ユタカは昨日も一回戦では王手に気づかないで負けたそうで、
その後の対局では飛車をタダで取られた後に逆転勝ちしたと
得意気に言ってきたので、「飛車を取られないようにしろ!」
と注意したところでした。(笑)

火曜日の回では、ユタカもご長男も全勝でしたが、
木曜日の回では二人とも成績がパッとしません。

大会等では二人ともそこそこ活躍しているのに教室のトーナメントで不調な理由は
レベルが高いのもありますが、対局を10分30秒でやっており、
二人とも長考派なので、時間が足りずに妥協して指してしまっているのだと思います。
他には10級のM君も長考派です。この3人のこの2カ月の勝率が低いです。

優勝回数を見ても、早指の子達が有利なのが明らかになっています。

実は、ちょうど次回から、初戦は15分30秒に時間を延長して、その後の時間の具合をみて、
時間が足りなそうな時には時間を短くするように、実際の大会に時間を近づけようと思っていたところでした。
講義と3試合を入れて90分に収めるために今まで時間を短くし過ぎていてそれが不利になっていたのと思います。息子の肩を持つわけではありませんが、大会の時間設定に近付けた方が他の子にも良いと考えています。

ただ、教室の中級の子はみんな才能のある子ばかりですので、それで
長考派の子達が勝てるかどうかはわかりません。


講義の内容は週末に初級・中級の2クラス分を結構練って作っているので、
さすがに週2回は大変な感じです。(笑)
熱心に通って頂いてありがたいので、なるべく火曜日も2回やるように調整しようと思っています。
ありがとうございます。

駒落ちに関しては他の子も私の考えを聞きたいかもしれないので、
後ほど記事として書こうと思います。

来週火曜日もよろしくお願いします。
2014-06-06 金 18:47:55 | URL | shin-ito [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-06-06 金 20:43:28 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する