FC2ブログ
 
■プロフィール

shin-ito

Author:shin-ito
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

7級以上対象の練習会の開催につきまして
6月10日(火)に、
大会の中級クラス以上の子だけを対象とした
練習会を開催することにしました。
教室で7級以上の子のみが対象です。
会費はいつもと同じ300円です。

我が家の次男も参加したがると思いますが、まだ13級なので参加できません。



強い子の中で
私と指したいと言ってくれている子達も居ますが、
普段の教室では私は全く指せなくなってしまっています。

普段の教室では弱い子優先になっていますが、
こういう強い子優先の回もあった方が良いと思い、
一度やってみることにしました。



中級の子(7級以上)に関しては、序盤も中盤も終盤もある程度は形が出来ている子が多いです。


そして、この辺りから、練習をがんばっているのに伸び悩む子が出てきます


私は

棋力=やる気×正しい練習×時間

だと考えています。

息子の場合だと、
対局は教室以外では私と週に3~4局のみでそれ以外は誰とも全く指しません。
他の練習もかなり少ない方だと思います。

やる気と時間が中級のレベルには達していないですが、
練習内容は私が見ていて、それが中級のレベルを大きく上回っているために今のレベルだということが言えると思います。


将棋は何か一つ弱点があると、せっかく強いはずなのに全然勝てなかったりします。

急激に棋力が上がった子の場合には
それまでは、やる気もあり、時間もかけているのに、
正しい練習ができていなかったというケースが多いです。

この正しい練習が出来ているかどうかは、
対局をすればわかることが多いです。

序盤がすごく雑だったり、
終盤になると急に弱くなったり、
攻めるべき時と守るべき時の判断がおかしかったり、その子によって様々です。

その場合には、気をつけた方が良い点や、
こういう練習をした方がよい等
私の考えをお話することができます。

こういうことは中級クラスの子に関してはとても大事なことだと思います。


そのための回を6月10日に設けました。
人数は相当少ない(3~5名位?)と思うので、全員と2局以上ずつ指すようにしたいと考えています。


まだ7級になっていなくて参加できない子を可哀想に思いますが、
6月3日の練習会は
大会参加希望者ならどなたでも参加できますので、こちらに参加してください。
人数は10人位までなら全員と最低1局は指せると思います。

ただ、最近練習会が少し騒がしくなってきています。
以前は駒の音と私の指導する声以外は全く聞こえませんでした。
私もこの回は対局以外には神経を使いたくないので、
ご協力をお願いします。


あと、今月中にどうぶつしょうぎ大会を開催するとお話していましたが、
6月は大きい大会が重なり、そのために教えたいことが山積みになっているので
どうぶつしょうぎ大会は延期します。
7月開催予定の教室内の大会の際に一緒にやろうと思っています。

将棋教室について | 18:09:25 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
練習会&中級の指導対局
いつもお世話になっております。
6/3、10参加お願いします。(3番目は留守番か、私が見ますので)

我が家も長男は6年生。今年が最後?(続けてくれるといいのですが)くらいのつもりでやってみろ!と発破かけてます、、、。

2番目も最近伸び悩んでます。興味が続かない?(野球にはまってて)
羽生の3手詰めタイムアタックしたり、本をみんなで検証したり。なんとか興味がわくように声かけてます。

木曜日までに何かしら毎日して無かったら、木曜日の教室は連れて行かないよ!がすごく効いてます。(親としてはどうかと思いますが、、、。)

騒がしいですか、、、。申し訳ないです。

うちの3番目は正直興味はないですね。もう少し様子見させてください。迷惑かかるようでしたら、考えますので。

長男は、先日の天童の吉田大八カップで中級で4勝できて少し自信がついたからなのか、やる気が出てきました。ただ、自分の自己流以外を受け入れる気が全く無いようで、他の戦法を知ろうとしないので、相手の戦法を知れば、その受け方もわかるでしょう?と説明し、少しずつ他の戦法を研究し始めました。

なかなか、持続するのが難しいですね。
先生もご苦労とは思いますが、よろしくお願いいたします。
2014-05-21 水 10:12:45 | URL | せいちゃんめーこ [編集]
Re: 練習会&中級の指導対局
コメントありがとうございます。

せっかく教室に通ってもらっているのに
お兄ちゃん達とまだ一局も指せていないので申し訳なく思っていました。


ご長男は大会でたくさん勝てて良かったですね。
小学生最後の年になるので、悔いのないようにがんばって欲しいです。
私も微力ながらお手伝いさせてもらいたいと思います。

ご次男も、低学年としては最後の年ですね。
相当にセンスがあります。詰将棋をお話したように仕上げれば、
いろいろな低学年の大会でチャンスがあると思います。
算数で言うと今までは九九を暗記していないで、難しい問題を解いていたような状態で、
九九を暗記して問題を解けばもっと楽にミスが少なく難しい問題を解けるようになるような感じです。
終盤だけでなく、序盤、中盤のミス等も減ってきます。
だまされたと思って詰将棋頑張ってみて欲しいです。(笑)

ご三男もいつも一生懸命考えてくれています。
将棋というのは、私みたいに大人になってもやめられない人がたくさんいるとても面白いゲームです。
興味がわかないということは、その面白さがまだ伝わっていないということだと思います。
今、少しずつ面白さを教えていっているところなので、3か月位見て欲しいです。
勝ち方がわかって、誰かに勝ったりし始めると、面白くなってきます。
近くに誰かたくさん負けてあげられる人がいると、多分もっと早く興味が湧いてきます。

我が家でも長男に負け役をお願いしたことがありますが、断固拒否されました。(笑)
長男は10枚落ちで次男に負けても泣くので、兄弟対決は長いこと封印していました。

あと、私の書き方がわかりづらくて申し訳なかったですが、
火曜日の対局だけの回を「練習会」と呼んでおり、木曜日の回を「通常の将棋教室」と呼んでいます。

最近少し騒がしくなってきたと愚痴を書いてしまったのは、息子さん達が一度も参加したことのない練習会の方ですので、まったく問題ありません。

通常の将棋教室は、人数も多いですし、初心者の子達も多いので、今くらいの騒がしさは許容範囲だと考えています。

明日の教室もよろしくお願いします。
2014-05-21 水 14:28:16 | URL | shin-ito [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する