FC2ブログ
 
■プロフィール

shin-ito

Author:shin-ito
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2014年5月1日 将棋教室
今日は13名の参加でした。

講義は全員で詰将棋の勉強をしました。今日の考え方はまた時々教室でも復習していきたいと思います。

団体戦は良い点もあり、悪い点もあった感じでした。

良い点としては、連帯感が生まれているチームもありました。
例えば、四小チームは1勝1敗で1年生のトモフミ君の勝敗次第となり、
他の子達が見守る中、どっちが勝ってもおかしくないギリギリの将棋をトモフミ君が勝ちました。
その時、お兄ちゃんや先輩に褒められたのがとてもうれしかったようでした。


悪い点としては、棋力に大きく差のある対局が多くなってしまいました。

学校単位の3チームと、それ以外の1チームでやったのですが、
それ以外の1チームの全員が前回の大会の入賞者というレベルの高いチームとなってしまい、
結局そのチームが順当に優勝しました。
南部小チームだけはメンバー的に勝つ可能性が高かったと思いますが、
後のチームは棋力的に勝ち目がない感じになってしまっていました。
勝つ可能性がある子が二人居なければなりませんが、棋力的にそうはなっていませんでした。

私は、差のある子同士の平手の対局が好きではなく、
いつもなるべくどっちが勝つかわからない対局となるように組み合わせているので、
反省点が残りました。

楽しんでくれた子も多かったようなので
また機会があればやってみようと思います。
例えば、低学年チーム対高学年チーム、居飛車チーム対振り飛車チーム等いろいろ組み合わせを考えられます。


今日は最後に山形支部教室の先生から頂いたテーブルマークこども将棋大会のパンフレットをお渡ししました。
昨年は教室から低学年の部でベスト8とベスト16になった子が出ました。
組み合わせもあるので勝ち残るのは中々難しいと思いますが、今年もみんながんばって欲しいです。
昨年の記事はこちらからご覧ください。


この大会は勝てなかった子でも楽しめるようにできている大会で、
大会に今まで出たことのない子が初出場するのに最も適していると思います。
仙台で行われるので少し遠いですが、参加をお勧めします。

私も息子達と一緒に会場に行く予定です。

将棋教室日誌 | 20:46:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する