fc2ブログ
 
■プロフィール

shin-ito

Author:shin-ito
シンキング!シンチャンネル

■最新記事
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2016年11月10日将棋教室
【ご連絡事項】
寒くなってきたため、咳など出ている子にはマスクを着用してもらうことにします。
マスクを忘れてしまった場合には、子供用マスクを用意していますので、そちらをお渡しします。

上級の子達に出題した実戦詰将棋第三問に詰まない手順がありました。
私のプリント作成ミスで、1六に先手の歩があるのが抜けていました。
失礼しました。

初級の子達に前回宿題に出した実戦詰将棋ですが、お家の方と解いて難しかったというようなお声を頂きました。

詰みの形を覚えた次のステップが実戦詰将棋だと考えています。
詰みの形の記憶が十分でないと、なかなか難しいので、次回は、もう少しステップを戻したところをトレーニングしてみようと思います。

お家の方と一緒に考えるというのは、お子さんにとっても、家族にとっても素晴らしいことだと思います。
今日お渡しした実戦詰将棋の解答例を今日の記事の一番下に書きました。
実戦形ですので、解答以外にも詰む手順がある問題もあります。
問題が難し過ぎたけど勉強してみたい子は、答えの手順を並べて
①何故詰むのか?
②他の手順はないか

など将棋盤とプリントと答えで研究してみると、棋力向上につながります。
まだ強くなっていない子同士で指すより、正解のある局面を使っていろいろと考える方が上達には良いです。

もし今日のプリントなくしてしまった方いらっしゃれば、ご遠慮なくご連絡ください。
メールいたします。

今日も私が到着した時点ですでに机ホワイトボードなど準備して頂いていました。
ありがとうございました。
片づけもお手伝い頂きありがとうございました。


<ここからは、出欠確認や、トーナメント優勝、詰将棋検定に合格した子についての意見、教室の改善のための備忘録も兼ねた記録となります。長い文章となりますので、ご興味のある方のみご覧ください。>


今日は、19名の参加でした。

上級クラスの子達は、いつものように実戦詰将棋をやりました。
いつもはほとんど二段のK君が一番早く解き、答えを言ってくれるのですが、今日は初めて3級のD君も早く解けました。
終盤力がついてきたように思いました。難し過ぎる問題ですが、あきらめずにしっかり考え、たくさん手筋を覚えると、
だんだん似たような筋の問題にも会うようになってきます。形をどれだけ知っているかは強さと大いに関係があるので、復習をしっかりしてほしいです。
そう思って毎回、前回前々回の復習もしてもらうようにしています。



中級クラスは、前回詰めろの勉強をして、結構みんなわかっている感じだったので、
今回は受けの考え方を説明しました。とても大事な考え方なのでしっかり復習してほしいです。
受け方のパターンを考え、局面ごとにどの受け方が一番得かを考えるようにすると、受けも面白くなります。

初級クラスは、今回も実戦詰将棋をやりました。
宿題の問題を考えてきてくれた子もいましたが、正解している子は残念ながらいませんでした。
私の教え方がよくなかったようなので、次回はもう少し前の段階の練習をしようと思います。
ただ、実戦詰将棋の問題を考えることは、盤面全体を見る練習にもなり、とても効果のある練習です。
わからなくても良いので、将棋盤に並べて、角の筋や、飛車の筋、桂のききなどが複雑に絡み合っている状態を考えるだけで、いろいろな力がついてきます。



上級トーナメント参加者と中級トーナメント参加者の差は、駒落ちでも9割以上上級が勝つくらい差が大きいのですが、
中級トーナメント参加者と初級トーナメント参加者の差は、それほどないようなので、
初級クラスでベスト4以上に入った子はその次の回、初級トーナメントは一回戦シード扱いにして、
一回戦は中級の子達と交流戦をしてもらうことにしました。
中級の子達は負けられない戦いですし、初級の子には大きなチャレンジなので互いにとって良い刺激になると思います。

敗者復活や交流戦では、対局後、勝った上級者の子にやさしく教えてもらうようにしています。

【クラス別駒落ちトーナメント】

上級クラス 優勝 3級D君
二連覇です。終盤力がついてきたように思いました。
昇級してもよいかもしれませんが、トーナメント前の対局で1級のK君に負けてしまい連勝は止まっているので、
次回優勝すれば昇級ということにします。飛香落ちが厳しいようで二段のK君がD君本人以上に昇級を願っているようです。

中級クラス 優勝 8級K君
中級トーナメント初優勝でとても喜んでいました。
実力的にはいつ優勝してもおかしくなかったです。
大盤の勉強の理解度も高いので、もっと強くなると思います。
強くなってきたように思えるので、次回は、7級のH君とも対戦してもらおうと思います。

初級クラス 優勝 14級 E君
なかなか勝てていない相手に決勝で勝つことができました。
一手一手丁寧に考えるようにすると、もっと勝てるようになります。
今回の優勝で13級に昇級してもらいます。



【敗者復活トーナメント】

優勝 1級K君

時間の都合で決勝は駒落ち1分切れ負け将棋となりましたが、残り5秒で詰まして勝てました。
今日は3級のD君の昇級も阻止できました。
敗者復活では、私は級が下の方を応援しているのですが、敗者復活戦二連覇となってしましました。
何か対策を考えたいと思います。


【詰将棋検定の合格者】
1級合格 3年生D君
詰将棋に取り組む姿勢が変わったように思います。
もともとセンスの良いD君に終盤力が身に付けば、もっと棋力はあがると思います。
今日は最後に初段の問題をお渡ししました。ヒントなしで解ければ相当凄いです。
チャレンジしてみて欲しいです。
解けなければ次回ヒントを教えます。(1手目だけ)

6級合格 4年生M君
毎回検定の問題をしっかり考えてきます。こういう子が強くならないのは見たことがありません。
そろそろ問題が難しくなってきます。たくさん頭を使って考える力を鍛えてほしいです。

7級合格 4年生E君
ここまで詰将棋が解ければ、実戦詰将棋も解けるはずです。
もし実戦詰将棋が解けないのであれば、
①これまでの問題を復習して、詰みの形をしっかり覚える。
②盤面全体をみて、今の局面がどういう状況かをしっかり考える。
この二つをやってみて欲しいです。
そうすれば、初級クラスでは負けなくなります。






【初級クラスの実戦詰将棋の解答】
次回はもう少し基礎的なところから勉強しますが、
答えを知りたい子は並べてみると良いと思います。


(1)先手 1五竜 同玉 2五金
   後手 7九馬 9八玉 8九銀不成
(2)先手 2六銀 4六玉 4七金
   後手 3九角 1八玉 2八金
(3)先手 8三桂成 同角 8四桂打ち
   後手 7九竜 同銀  6九金
(4)先手 3一馬 1二玉 1三金
   後手 8九銀不成


(1)先手 8一飛 9三玉 8四飛成
   後手 9八銀成
(2)先手 2二飛成 4一玉 4二竜
   後手 8八金
(3)先手 1二歩 同金 2一竜
   後手 2八銀
(4)先手 4二竜 2三玉 2二竜
   後手 かなり長く変化も多く難しいので省略します  


将棋教室日誌 | 13:48:21 | コメント(0)