fc2ブログ
 
■プロフィール

shin-ito

Author:shin-ito
シンキング!シンチャンネル

■最新記事
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2016年7月28日 将棋教室
15名の参加でした。

いつもの大和室が使えなかったため、今日は小和室での開催となりました。
ギリギリ入る人数のため、大盤を使わず対局だけにしようかとも思ったのですが、部屋を工夫して使うことにより、いつも通りの勉強をできました。
集まって指すだけでは、教室とは言えないので、なるべく毎回新しいことを学べるようにしたいと思っています。


初級クラスの子達は、前回に引き続き、「実戦頻出必須手筋48」の勉強をしました。
前回の内容を結構忘れてしまっている子も多かったのですが、何回も繰り返して、
マスターしてもらいます。
帰省などでお休みの子は、プリントで考える練習をしてほしいです。


中級クラスでお休みの子が多かったので、中級トーナメントは今回はお休みにして、
中級トーナメントで優勝経験のある二人は、上級トーナメントに出場してもらいました。
その二人も入った上級クラスでは、必至のかけ方の勉強をしました。

先日読んだ本で、ソフトに比べて、人間は終盤が弱すぎるみたいなことをプロ棋士が言っていました。
プロ棋士が、私の将棋を見れば、多分「終盤が弱すぎる」と思うでしょう。
私も、教室の初級、中級位の子の将棋見て一番多く思うのが「詰みをたくさん逃してる、詰将棋やれば勝てたのに・・・」
ということです。
結局、自分より棋力が下の人をみて思うのは、「詰将棋やれば良いの に・・・・」
ということに集約されるような気がします。

もし私が今、この教室で15級で、手っ取り早く有段者レベルまで上げたいと思ったら、
最初は詰将棋だけをやります。

最初に3手詰ハンドブック、5手詰ハンドブック位までをスラスラ解けるようになるまで形を覚えます。
そこから、7手詰将棋、9手詰将棋や原田泰夫先生の本とかをじっくり解いていきます。

先に、3手詰ハンドブックからやる必要があるのは、
英単語が頭に入っていないのに、英文読解やってもきついのと同じで、
長手数の詰将棋は全て短手数のもの の組み合わせでできているからです。


詰将棋が楽しめるようになったら上達は早いです。
まず詰みの形を覚えて欲しいので、詰将棋検定をやっています。


話が脱線しましたが、
終盤の重要性を再認識し、最近読んだ別の本で「詰めろ・必至・逃れの仕組み」を明快に説明しているものがあったので、上級トーナメント参加の子達に役に立つのではと思い、今日はその話をしました。
必至問題を解くときに、今日の考え方を踏まえ、すべての可能性を考えると良いと思います。


【詰将棋検定合格者】
珍しく今回は合格者0人でした。
大分早く解き終わった子もいました。見直しをしっかりしてほしいです。
将棋は最後にミスした方が負けるゲームですので、できる問題を確実に正解するということはとても大事です。
今日惜しかった子もたくさんいました。次回は合格できるように復習してください。

【駒落ち賞品付トーナメント】
上級優勝 6年生K君
駒落ちでも全然負けなくなっています。
上級の子達の連勝が全部潰されています。
何とか定期的に負けるように組み合わせを考えたいと思います。


初級Aリーグ優勝 M君
「今までお家で一番強かったおじいちゃんに勝てるようになったそうです。」
今日の優勝で13級昇級です。
次は上のクラスの子と対局してもらおうと思います。


初級Bリーグ Yちゃん

対局は勝てましたが、「実戦頻出必須手筋48」は前回やったものを忘れてしまっているのも結構ありました。
お家で5分で良いので復習して、実戦でもそういう技が使えるようになると、強い子とも勝負になると思います。

今日の初級向け詰将棋は3年生のS君に作ってもらいました。
今後も、初級向けは、上級向け使用後の残った駒で、その時にいる子に作ってもらう予定です。

今日は狭くて申し訳なかったです。
次回は、大和室でやります。ある程度人数が集まればトーナメントもやる予定です。
お休みの場合には、ご連絡頂きますようお願いいたします。


将棋教室日誌 | 21:12:48 | コメント(0)