fc2ブログ
 
■プロフィール

shin-ito

Author:shin-ito
シンキング!シンチャンネル

■最新記事
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2015年の目標
お正月は、
将棋教室・算数教室の準備を一杯しました。

私の今年の目標は、
将棋教室に関しては、内容を微調整しながら、将棋の面白さをたくさん伝えるということです。
算数教室に関しては、まだ始めたばかりですので、細かい改善を繰り返し、
より洗練された価値のある教室にしていきたいです。

私が自分の人生を振り返って、
子どもの時に身に付けておきたかったことは2つあります。

一つは論理的思考力です。
(私は20代後半に大前研一氏のプログラムを受けてこの考え方をある程度身に付けられたと思っています。)
この力は、将棋教室と算数教室を通して、考えることを楽しみながら身に付けて欲しいです。

もう一つが、読書です。
私は小中学生の時にほとんど本を読みませんでしたが、今は読む方だと思います。
つまらなければ途中で読むのをやめるので、冊数として数えるのは難しいです。

読書は、人(著者)との出会い、他人の体験の疑似体験等ができ、
特に、講演会やイベント等でたくさんの人と触れるチャンスの少ない田舎にいる我々にとっては、
とても大事なことだと思っています。

読書が好きでない子は、
まだ自分にとっての面白い本に出会っていない可能性が高いです。

小学生の場合には、読めない漢字や意味のわからない言葉の問題で、
本当は面白いはずなのに、その本が読めないというようなこともあると思います。
(将棋でいうと詰みの形を知らないのに、3手詰の本を読み始めてしまっているような状態です)

算数教室が形になり、ある程度の成果が出たと判断できれば、
漢字ゲーム、クロスワードパズル等を通じて、楽しみながら語彙力や漢字の読みを増やしていったり、課題図書を決めてみんなでディベートするような教室もやってみたいと思っています。
面白くなければ我が家の長男をはじめ、誰も来てくれないと思うので、どうやったら面白くなるかはこれから考えます。

あれこれ手を広げて、結局何をやっているのかわからなくなるのは避けたいので、
当分は将棋・算数教室に集中していきますが、今年中(できれば前半)に1回はやってみたいです。

私の教室の基本コンセプトは、
90分間、楽しく頭をフル回転させられる教室ということで、それを今年も続けていきたいです。

明日から今年の教室が始まります。
一緒に楽しみながら、思考力が高まるように頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

↓はUNOみたいな漢字ゲームです。
京大・東田式 頭がよくなる漢字ゲーム ([バラエティ])京大・東田式 頭がよくなる漢字ゲーム ([バラエティ])
(2012/11/27)
東田 大志

商品詳細を見る



未分類 | 12:29:39 | コメント(0)