FC2ブログ
 
■プロフィール

shin-ito

Author:shin-ito
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2014年7月10日 将棋教室
今日は13名の参加でした。

いつものように
詰将棋バトル、どうぶつしょうぎの団体戦、チーム対抗のクイズ形式の大盤講義、将棋の団体戦、手合いカードを使った対局をやりました。

将棋の団体戦については、全て平手振り駒で行うこととしました。
この教室では基本的には級によるハンデで対局をしていますが、
たまには、級が上の子の活躍の場を作ってあげても良いかと思い
将棋の団体戦に関しては今後も全て平手で行うことにする予定です。

団体戦では、またまたR君チームは1勝1敗で、
12級4年生のR君次第でチームの勝敗が決するという面白い展開になりました。
いつも勝てない相手に勝つことができR君チームは決勝戦に進みました。
私のなかで12級の4年生のR君はチャンスに強いというイメージが定着しつつあります。(笑)


講義のテーマでは、「さばき」という言葉も勉強しました。

さばきのアーティストと言われる久保九段でも「説明するのが難しい」とおっしゃっているくらいの用語です。
今日は駒得より効率を優先した結果うまくいった例を紹介して、さばく感覚を何となくでも感じてもらうようにしました。
相当難しかったと思いますが、興味深く聞いてくれている子もいました。
プリントの棋譜を並べてみて欲しいです。


以前から、子ども達同士の対局の棋譜を取ってそれをみんなで一緒に考える勉強もやりたいと思っていましたが、
棋譜を取るのがなかなか大変で今まではやっていませんでした。

ipadを使って二人で対局をしてもらい、その棋譜を私が貰えばその問題が解決することに気づき、
今回試しに5級のK君とユタカ君にipadで対局をしてもらい、その棋譜を貰いました。
棋譜を見てみましたが、いろいろと指導すべき課題がわかりました。
次回はその棋譜をみんなで一緒に考えてみる時間も取ろうと思います。
みんなが楽しく勉強できるようであったら、次は別の子同士の棋譜を貰って継続的にやっていこうと思います。


今日は、寒河江の子供将棋教室の先生が見学にいらっしゃいました。
始めて1年ちょっとの私の教室が見学して頂くほどのレベルに達しているとは思っていませんが、
私の教室で参考になることがあればと思いいろいろとお話させて頂きました。
私もいろいろなことを教えて頂きました。

学童保育の子達を主な対象とした将棋教室を開催されるそうです。
初心者の子と言っても、やる気があってすぐに強くなる子から、
将棋に全く興味のない子までいろいろな子がいるので、
指導するのは本当に大変だと思います。
一番のポイントはご家族の方が将棋をどう捉えているかということだと思います。
教育上有効なものと捉えるか、ただのゲームと捉えるかです。
この辺りの私の考えは改めて書かせて頂こうと思います。







将棋教室日誌 | 21:41:36 | コメント(0)