fc2ブログ
 
■プロフィール

shin-ito

Author:shin-ito
シンキング!シンチャンネル

■最新記事
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2014年1~2月の教室の内容につきまして
前回で、新入会の子達全員と指すことができ、だいたいのレベルが把握できました。

初心者の子が8名いますが、駒の動かし方を間違ってしまうレベルの子から、
駒落ちなら経験者の子とも勝負になる子までレベルは様々です。

今後は、
だいたい同じレベルの子同士で対局をしていきます。

お家で詰将棋の本や、教室のプリントの問題を復習してもらえれば、
ドンドン強くなっていきますので、是非頑張ってほしいです。
(詰ますことができるようになれば対局が終わるようになり、たくさん指すことができます)



初心者の子達がある程度強くなってくれば、
教室内で毎回大会を開いたり、団体戦をやったり、
いろいろな楽しいことが企画できるようになります。

今月と来月は、初心者の子のレベルアップを第一優先にやっていこうと思っています。

今は集中して考えられない子も、
将棋の考え方の基礎を学んでいけば、
何をどう考えれば良いのかがわかってきます。
そうすれば自然に静かに考えられるようになってくると思います。

初心者の子達が強くなってくれば、
教室全体に良い影響がでてきます。


初心者の子達がたくさんで、教室が少し賑やかになりすぎている感じもありますが、
徐々に真剣な将棋の勉強の場になっていくと思います。


2月は2回将棋大会があります。

2月9日村山市民将棋大会


2月23日天童温泉ゆぴあ将棋大会
(この大会は5級までが初級という扱いなのでレベルは高いと思います。)


大会の詳細等はコチラのサイトをご覧ください。

初心者の子達はまだ大会では勝てないと思います。
春以降の参加を目指して欲しいです。

将棋教室について | 08:29:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
入会方法につきまして
当将棋教室は営利目的で行っているのではなく、
会員の集まったサークルという形式を取っております。
以下の3点につきましてご確認ください。

(1)入会金は1,000円です。

これは将棋の本を1冊お渡しするためのお金となります。
私は基礎的な本を繰り返し勉強することは、
将棋に限らず勉強の基本だと考えています。

その子のレベルに合った適切な本を用意させて頂きます。
(大会向け勉強会のみに参加の子や、既に将棋の本をたくさん持っている子は入会金は不要です)
本は毎回教室で使います。

※将棋の本の価格が上がっており、1000円でお渡しできる適切な本がないため、
現在入会金は不要としています。
ただし、教室では希望者は詰将棋バトル等で本を使いますので、本の購入をお勧めします。


(2)会費は1回300円です。

当教室では
子供達が将棋を楽しめるように、将棋が強くなるように、
様々な仕掛けをしたり、道具を購入したり、プリントを用意したり、
公民館への年会費の支払をしたり、
また、場所の予約のために抽選会に参加したりといろいろなことをしています。
教室の運営には様々な経費がかかります。
その費用を会員の皆様にも負担して頂く形となっています。
収益事業ではないために、会員の方は私のお客ではなく、
一緒にサークルを盛り上げていく仲間という位置づけになります。
従って、普通の習いごとと違い、必ずしも入会できるわけではありません。

会費のお支払方法はこちらをご覧ください

(3)入会の可否について

私が一人で指導していますので、
話を落ち着いて聞けない子、やる気のない子、
座っていることができない子、マナーの悪い子
等が一人でもいるとかなり大変です。
(将棋のルールがわからない等は丁寧に指導しますので全く問題ありません。)

当将棋教室には現在15名の会員が居て一緒に将棋を勉強しています。
その子達や将棋を習いたいと思ってくれた子達が充実した将棋の勉強をできる環境を整えることが私の一番の使命です。

他の子とトラブルになるような可能性がある子には、
ご入会をお断りすることをご了承ください。


また、入会後もこちらから注意をしても改善されないような場合には、
退会頂きます。
普通の習いごとのような収益事業ではないために、迷惑と感じたら早い段階で退会をしてもらいます。


心配な方は、一度体験にお越し頂くか、他の教室をお探しください。



将棋教室について | 12:45:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
連勝賞・昇級賞について
よりお子様達が教室での対局を楽しめるように、
連勝賞昇級賞を設けることにしました。
(教室でもお伝えしましたが、この級は当教室のみで有効で他では何の効力もない級です。)

それぞれの連勝賞の賞品の中から一つを選んでもらいます。

[5連勝or 9級~6級への昇級]
5連勝
日本将棋連盟オリジナルボールペンです。
短く収納できるので持ち運びに便利です。


[6連勝or5級に昇級]
6連勝
将棋消しゴムか将棋戦隊の缶バッジから一つを選んでもらいます。

[7連勝or4級に昇級]
7連勝
将棋の図面を書けるノートか高級駒の印字されたクリアファイルです。


[8連勝or3級に昇級]
8連勝
羽生三冠のタオルかどこでも将棋が指せる布の将棋盤です。


[9連勝or2級に昇級]
9連勝
羽生三冠のカラータオルです。


[10連勝or1級に昇級]
10連勝
クリスタル将棋駒ストラップか飲んだだけで将棋が強くなるかもしれない羽生三冠の湯のみです。
来年中にこの賞をもらう子が出ればいいと思っています。
=======================================

<連勝賞・昇級賞の獲得方法>
下記のようにルールを設定しました。
初めての試みですので、修正することもあることをご了承ください。

(1)対象となる対局
無料将棋教室大会参加者向け練習会通常の教室で行われる手合いカードを使った全ての対局を対象とします。
連勝で教室を終えた場合には、前回の連勝を引き継いで対局を行います。

※初心者コースの対局は手合いカードを使いませんので、対象になりません。

(2)連勝賞と昇級賞の取り扱いについて
10級までは連勝賞のみで昇級賞はありません。
連勝が止まった」もしくは「昇級が決定した」もしくは「昇級の目がなくなった」時点で賞品を決定します。

連勝賞と昇級賞を同一の連勝で貰うことはできません。
(例えば6連勝して賞品をもらい、その後その賞品を貰った6連勝を含む9勝2敗で昇級しても昇級賞は貰えません)


対局は日本将棋連盟の規定による手合いで行います。

昇級基準は
11級~15級に昇級するには 3連勝
7級~10級に昇級するには 5連勝
4~6級に昇級 6連勝
2~3級に昇級 7連勝
1級に昇級するには 8連勝





全体の賞品が少なくなれば、また注文しますが、
早いもの順に選んでもらうので、連勝時、昇級時に希望の賞品がない場合には
在庫のあるものから選んでもらうことになります。

賞品は変更になる場合もあります。
上記の賞品は注文済みなので、在庫がある限りは上記の通りです。

ユタカ君にこの写真を見せたら、
今まで見たことがない位やる気になっていました。(笑)

明後日の教室の際に賞品を子供達に見てもらおうと思います。

将棋教室について | 19:24:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
無料将棋教室につきまして
 ※人数の関係で無料将棋教室は現在休止しています。 

時間は17時40分から19時10分頃までの90分程度です。
会場は山形市北部公民館2階奥左の大和室です。
一応17時30分から入室可能となっています。

前回は14名の子供達が集まり将棋を楽しみました。
前回の記事はこちらをご覧ください。


どなたでも参加することができます。

たくさんの子供達で将棋を楽しむ会にしたいと思っていますので、
将棋指せる子や興味のある子がいればお誘い頂きますようお願いします。

無料の回のみの参加でも大歓迎です。

無料将棋教室の主な対象は
将棋のルールがわからない、駒の動かし方がわからない、面白さがわからない子達
となります。

私は初心者の子への指導を主に行います。
将棋教室対象者2


今回は大きい和室が予約できました。
人数制限もしませんので、たくさんの子供に将棋を楽しんで欲しいです。



↓予約できた和室の写真です。
20131130.png




初心者の子には、大盤を使って前回の「駒の動かし方」と「詰みの形」の復習をした後に、
いよいよ実戦の進め方について指導し、
その後は対局をしてもらおうと思います。
↓大盤の写真です
201308081.png



新たにルール、駒の動かし方等が一切わからない子が来てくれた場合には、
また「どうぶつしょうぎ」の大盤を使って、将棋の基礎から指導していきます。

↓どうぶつしょうぎの大盤の写真です
201310181.png


経験者の子達は、手合いカードを使って、
トーナメントを行い、トーナメントに負けた子は手合いカードで
どんどん対局をしてもらいます。


経験者の子達が対局の合間にできるように、
テーマを絞った詰将棋問題も用意します。




子供達それぞれのレベルに合わせてプリント等を用意していますので、
参加希望の方は前もってご予約をお願いいたします。
将棋盤等の数にも限りがありますので、
人数が予想を上回った場合には予約をしている子が優先されることをご了承ください。



北部公民館の場所については、
この記事の下をご覧ください。



ご予約等はメールにてお願いいたします。
メールは、こちらまでお願いいたします。

ご入会等ご検討の方はこちらをご覧ください。








将棋教室について | 07:11:13 | トラックバック(0) | コメント(2)
北部公民館将棋教室の内容につきまして
(1)この教室の目的

この教室では、大きく二つの目的をもって子ども達を指導させて頂いています。
一つは、将棋のルール・基礎を覚えて楽しく将棋を指せるようになり、強くなること。
もう一つは、将棋大会に参加し、大会で良い成績を取れるようになることです。

当教室の子ども達の多くはこの教室で駒の動かし方等のレベルから学んできました。

山形市のお隣天童市は将棋の駒の産地としても有名でとても将棋が盛んです。
山形市近郊では毎月のように、こどもの将棋大会が開催されています。

小学生、中学生の内にそういう大会に参加して、いろいろな地区の子ども達と思考力を競い合うことは、子ども達の成長にとって重要な経験です。

羽生名人は
将棋が強くなるプロセスと勉強ができるようになるプロセスは同じ
とおっしゃっていました。

将棋が強い子は、勉強ができる」ということを言う方が多いのは、上達の過程がとても似ているからです。


将棋というゲームを使って、論理的思考力、情報の取捨選択能力等たくさんの能力を鍛えていくことを目指しています。


(2)教室の指導方針

私の指導方針は、参加してくれた子が全員楽しく将棋の勉強ができるようにすることです。
強い子は放っておいても将棋を楽しむことができます。
(強い子は正しい考え方、練習方法を指導し、努力した分だけ強くなれるお手伝いをさせてもらっています。)
大事なのはまだ将棋が強くなっていない子、将棋の面白さが十分にわかっていない子です。
そういう子を楽しんでもらいながら強くすることに一番力を入れています。
まだ将棋が弱い子でも、毎回来てくれれば楽しんでもらいながら強くなることができます。
(この場合の楽しむとは遊ぶということではありません。考えることを楽しむという意味です。)

(3)教室の開催日時・場所について

教室の開催日は基本的には毎週木曜日の17時40分~19時10分の90分間です
17時30分頃より集まり始め、17時40分に講義を開始します。



教室の開催日程についてはこちらをご覧ください。

場所は主に山形市の北部公民館を利用させて頂いております。
場所のわからない方はコチラをご覧ください。

(4)教室の会費について

入会金は不要で、会費は1回300円です。
(この会費は、教室に使う道具の購入、賞品の購入、プリントの作成、公民館への年会費の支払、抽選会への参加等様々なことに使わせて頂いています。)
お休みの場合は会費はかかりませんが、将棋教室では毎回テーマを持って子供達を強くしていますので、
たまにしか来ないことを前提とした子は基本的にはご参加頂けません。
(もちろん学校行事、病欠、その他の用事でお休み頂くのは何の問題もありません。)
初心者・初級者の子が、(月に1回等)気が向いたときに教室に来ても、強くはならず、お互いにとって良い関係にはなりにくいので、初心者・初級者の子は原則毎回参加ということにさせて頂いております。
すでにある程度強くて、大会参加経験のある子が臨時で参加してくれるのは歓迎します。

90分300円の託児所ではないので、やる気がない子や、騒がしくて言うことを聞かない子に関しては、他の子の迷惑になるので、退会して頂くこともあることを予めご了承ください。
(教室では子供たちのやる気を引き出すように、また騒がしい子が静かにがんばれるようにいろいろな工夫をしています。やる気があまりなかったり、少し位騒がしい子は大丈夫だと思います。たまに「子供を預けたい」というお問い合わせを頂くことがあったので、少し強めに書いています。ご心配な方は一度見学、体験にお越しください。)

会費のお支払方法についてはこちらをご覧ください

(5)教室の人数構成、棋力について

現在、小学校1年生~中学生まで22名の会員が居ます。
↓子供達の対局風景
20140717

駒の動かし方がわかる程度の子から、大会で好成績を上げる子までレベルは様々です。
最近では、2014テーブルマーク東北大会低学年の部第3位(113名中)、
第四回山形県こども将棋最強戦中級の部優勝
等、いろいろな大会で教室の子ども達が大活躍してます。
当将棋教室の子ども達の大会での活躍については、将棋大会の記事をご覧ください。)


(6)入会をご検討の方へ

いつでも無料で体験、見学をして頂くことができます。
前もって、プリント等を用意しますので、
体験、見学をご希望の方はメールにてご予約ください。


メールは、こちらまでお願いいたします。





将棋教室について | 19:53:04 | トラックバック(0) | コメント(6)
前のページ 次のページ