■プロフィール

shin-ito

Author:shin-ito
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2018年4月19日 将棋教室お休みの連絡です
先ほど参加予定の方全員のメールさせて頂きましたが、
私の祖母が亡くなったため、今週の教室はお休みさせていただきます。
祖母は、私が将棋教室しているのもずっと応援してくれていました。
山形に来たのも、祖母の近くに誰もいなかったことが理由の一つです。
私の息子たちをとてもかわいがってくれていました。
次回は4月26日になります。

よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
未分類 | 10:18:56 | コメント(0)
第七回山形キューブ会終了
本日のルービックキューブ会へのご参加ありがとうございました。
将棋教室の子だけで、ご父兄入れると20名を超えるご参加があったと思います。
おかげさまで、イベントがとても盛り上がりました。

予想の倍近い人数の参加だったため、声かけることができない方もいらっしゃったと思います。
失礼いたしました。


たくさんの人が初めて揃える瞬間を隣で見ることができて、感動的でした。


私も昨年11月の会の時に、紙見ながら揃えることができて、見ながら何回も揃えている内に、見なくても揃えられるようになりました。
是非、繰り返しチャレンジしてほしいです。


月に2回、主に第1、3金曜日18時~21時に、みんなで集まって、練習と計測会を行っています。
会費は年会費3000円のみで、最初の2回の参加はお試しで無料です。


私も、息子といつも楽しく参加させてもらっています。
今日、キューブやってみて、もっとやってみたいという方は、是非試しに一度参加してみてほしいです。

おしゃべりしながら、キューブ練習して、最後に計測会という感じの楽しい集まりです。


キューブ会には参加しなくても、やり方教えてほしいというような場合には、将棋教室終了後にいつでも私に聞いてください。

おかげさまで充実した4時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。



未分類 | 18:42:07 | コメント(0)
2月25日日曜日のキューブイベントについて
2月25日のキューブ会、今日、直接聞いた子だけでも7人の子が将棋教室から参加予定で、とてもうれしく思います。
すでに私一人で教えられる人数の限界に近いと思いますが、当日は、私よりずっと早く揃えられる人たちや、山大や東北大の学生さん達も来てくれるので、みんなで楽しくキューブを学べると思います。
将棋教室よりもずっと緩い感じなので、一緒に楽しめたらと思います。

先週日曜日には、5小にキューブ教えに行きました。
そこでもとても好評で、5小の子達もたくさん参加してくれるようです。
その時の息子のレポート

13時から17時ですが、たくさんの子の参加が予想されるので、13時に来た方が人数は少ないかもしれません。

いきなり来てもらっても良いですが、まだ私に参加をお伝え頂いていなく、参加予定の子は、
一応メール等頂くとこっちも心の準備ができるのでありがたいです。
ご兄弟や友達が一緒の場合にも、一応ご連絡頂けると安心できます。
(当日の気分で参加してもらっても全然良いですが)

保護者の方でやってみたい方も是非一緒に楽しみましょう。
空いた時間に一人で楽しめるので、私くらいの年齢で始めるのには最適な趣味だと思います。

25日参加してくれる子が楽しめるように私もがんばりたいですし、一緒に楽しませてもらいます。

今日チラシ参加予定の人数分お渡しできなかったので、再度掲載いたします。
ご不明な点等ございましたら、ご連絡ください。

大会後参加予定の方は、ご兄弟で大会参加予定のお母様に13時過ぎの時点で混雑具合をご連絡することにしていますので、
その状況次第でご判断頂いても良いと思います。
cube


未分類 | 21:54:25 | コメント(0)
競技用のルービックキューブがもらえて、できるようになるイベントのご案内
今回は珍しく将棋教室とは関係のないお話です。

私のtwitter(当ブログPC版の左にあります)をご覧頂いている方はお分かりだと思いますが、
昨年末より、小四の息子の影響でルービックキューブをするようになりました。

やり始める前は、「覚えるのが大変そうだな」とあまり気が進まなかったのですが、
キューブ会に息子の付き添いで行っているときに、少しやっていたら、意外に簡単だということがわかりました。

正月には、中1の長男と姪に教えたのですが、数時間で揃えられるようになりました。

小学生であれば、適切な指導数時間で、2~3分程度で揃えられるようになります。

私と息子がキューブに本格的に取り組む機会を作ってくれた山形キューブ会の第7回のイベントが2月25日(日曜日)13時から17時まで、山形市本町の山形まなび館(旧山形一小校舎)で行われます。

このイベントは、キューブ普及のためのイベントで、参加費無料、かつ、競技用の回しやすいキューブもプレゼントでもらえるというとてもお得なイベントです。



私もキューブ会のメンバーなので、当日は、会場に4時間いて、ゆっくり教えることができます。

4時間あれば、将棋教室で頭鍛えている子達であれば、本人のやる気次第ではありますが、確実に揃えられるところまでは教えられます。
もし、ご興味のある方にはとても良い機会だと思うので是非ご参加頂ければと思います。


解き方のガイドなどもお渡しできます。

ご参加の場合には、当日急に参加でも大丈夫ですが、先に私にメール頂くと準備しやすいです。
私はご連絡頂いた方に優先で教えさせてもらいます。


cube



未分類 | 13:56:42 | コメント(0)
詰将棋検定の改良
昨日は移動中の新幹線でずっと電王将棋トーナメントという最強のコンピューターを決める大会を見ていました。
1年間でさらに強くなっていて、人間とは別次元の強さになっていること、将棋が強くなる上での、読みの精度と深さの大事さ等をを改めて実感しました。

詰将棋を考える際には、読み抜けのないようにあらゆるパターンを横断的に考え、その上で深く考えていくので、実生活で忘れ物が減ったり、仕事上のミスが減ったりという効果もあると思っています。


詰将棋の重要性は、いつも教室やこのブログでも書いていますし、
教室でも毎回詰将棋検定を開催しています。
ただ、いまいち本気になっていないような子達もいるようなので、少しやり方を考えていました。

前々回から「2名以上合格者がいなければ全員降級」という条件をつけましたが、
次回からより棋力向上に役立て、子ども達のやる気も上がるように、もう少し改良を加えます。
ご興味のある方はご覧ください。




【改良点①】 詰将棋検定の問題は毎回持ち帰り可能
今までは、教室の時間内(5分)に解かなければダメで、基本的に持ち帰りは禁止ということにしていましたが、次回からはできなかった問題は全て持ち帰ることができるようにします。
ただ、他人から答えを聞いたりしていては強くならないですし、降級の際に自分で解くこともできないので、
なるべく自分で考えるようにしてほしいです。
ヒントなどは言われれば教えるかもしれません。


【改良点②】十段までの問題を作成
今までは、四段までしか問題がなく、それが難し過ぎるため、
初段超えた子達は詰将棋検定はやめていました。
しかし、持ち帰りが可能ということならば、家で盤を使ってじっくり考えてくることができるので、
相当難しいものまで出題できます。
先日、史上最年少でプロ棋士になった藤井聡太四段も、強くなった秘訣聞かれ「ずっと詰将棋を解いてきた。それで終盤が強くなったのかな」と言われてます。
毎週、課題の詰将棋を考えていくということは、棋力向上の上でもとても良いことだと思います。

とりあえず十段までの問題を用意しましたが、十段合格者が出れば、二十段でも三十段でも問題は用意していこうと思います。
毎週難問を家で考えてくる子が強くならないわけがないです。


【改良点③】16名以上参加の場合には、3名以上合格者がいなければ全員降級
強い子達の詰将棋検定が復活して、問題の持ち帰りが可能なのでおそらく詰将棋検定有段者の子達は、毎回しっかり解いてくると思います。
そうなると2名以上で降級は条件が甘すぎるので、3名以上の合格者がいなければ降級という条件にします。
ただ、その回ごとの参加者の状況をみて、2名にするか3名にするかは判断します。

「みんなを降級から救うために自分が詰将棋をがんばろう!」という勇者がたくさんでてくるのを待っています。

降級と言っても、悲しい出来事ではなく、みんなで昔解けた問題を復習する機会ができて良かったということです。
最高到達級の記録がなくなるわけではないですし、棋力がきちんとついていればすぐに元の級に戻ります。



以上私のメモと、
詰将棋検定の級をとても気にしている子達もいるので、その子達に向けて書きました。

やってみて難しいようでしたらまた改良していきます。

未分類 | 09:47:39 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ